絶対必要?粉ミルクとフォローアップミルクの違い
目次

絶対必要?粉ミルクとフォローアップミルクの違い

フォローアップミルクのイメージ

育児中のママなら、粉ミルクを買いにいったときに、フォローアップミルクが売ってあるのを見たことがある人も多いでしょう。

フォローアップミルクは絶対必要なものなのか、粉ミルクとの違いは何なのかなどについて、ご紹介します。

フォローアップミルクとは

フォローアップミルクは、離乳食で不足することの多い鉄分などの栄養分を、赤ちゃんが無理なく摂取するために開発された、離乳食をサポートするミルクのことです。

9ヶ月から3歳くらいまで使われることが多いようです。

粉ミルクとフォローアップミルクの違い

粉ミルクは、新生児から飲むことができるように限りなく母乳に近いように作られたもので、母乳が不足するときや母乳をあげられないときに、母乳の代わりに使うことができます。

一方でフォローアップミルクは母乳や粉ミルクの代わりにはならず、あくまで離乳食で不足しがちな栄養分を赤ちゃんが摂取するためのもので、離乳食の代わりになるものでもありません。

フォローアップを使う理由

フォローアップミルクは、例えば牛乳のようなものです。

牛乳はカルシウムやタンパク質が豊富で、子どもの成長や大人の栄養補給などにとても役に立つものですが、必ず飲まなければならないものではありません。

カルシウムやタンパク質は、他の食品から摂取することもできます。

また、牛乳は赤ちゃんにとってタンパク質の量が多く、消化しきれなかったり、アレルギーを引き起こしたりすることがあります。

フォローアップミルクは牛乳のまだ飲めない赤ちゃんのために、離乳食では不足しがちな栄養分を補うために使います。

絶対必要というわけではない

フォローアップミルクは離乳食をサポートするものなので、絶対に必要というわけではありません。

離乳食で十分に栄養をとれているのなら、それだけで大丈夫です。

ただ、離乳食をサポートし、不足しがちな栄養分を安全に摂取でき、アレルギーの予防にもなるので牛乳の代わりに飲ませるためにはおすすめです。

まとめ

フォローアップミルクは、必ずしも使わなければならないわけではありません。

また、粉ミルクの代わりに使えるものでなく、あくまで離乳食で不足しがちな栄養分を安全に摂取するために使います。