『ミルク後のゲップ』はいつまで?
目次

ミルク後のゲップはいつまで出してあげればいいの?

赤ちゃんの様子を見ているイメージ

新生児の赤ちゃんの授乳の後は、縦抱きになどしてゲップを出してあげるのがママの大切な仕事です。

しかし、いつまで続けたらいいのでしょうか。

忙しいママの仕事を少しでも減らすために、やめてもいい時期は知っておきたいものです。

なぜゲップが必要なのか

新生児の赤ちゃんは、まだミルクを飲むのに慣れていなくて、ミルクと一緒に空気も飲み込んでしまいます。

そのまま放っておくと、せっかく飲んだミルクを、ちょっと体を動かしたときなどに、吐き出してしまうことがあります。

これを防ぐためにゲップをさせて、おなかにたまった空気を出してあげるのです。

ゲップが出なくなったらやめてもいい

新生児の頃は、授乳後にゲップを出してあげようと、縦抱きにしたり、背中をさすってあげたりなどしたら、すぐに出てくることが多いです。

月齢が上がるにつれて、いくらやっても出なくなるようになります。

そうなると、もうママはゲップを出してあげる必要がなくなります。

ゲップが出なくなる理由とは

忙しいママは気づかないこともありますが、赤ちゃんは成長すると自分でゲップができるようになります。

ママが気づかないうちにゲップをしているので、ママが出してあげようとしても、ゲップが出なくなるようになります。

また、ミルクを飲むのが上手になってきて、あまり空気を飲まずにミルクを飲めるようになったり、体内に入った空気がおならとして出るようになったりなどするのも、ゲップが出なくなる理由です。

3~5ヶ月くらいでやめる人が多い

赤ちゃんは、3~4ヶ月くらいで首がすわってミルクを飲むのが上手になったり、寝返りができるようになって自分でゲップができるようになったりします。

また5~6ヶ月くらいでおすわりができるようになって自由に動けるようになると共に、ゲップを自分でできるようになることもあります。

したがって、一般的には3~5ヶ月くらいで、ママがゲップを手伝ってあげるのをやめる人が多いようです。

ただ、個人差が非常に大きく、8ヶ月を過ぎてもママがゲップをさせてあげるケースもあります。

赤ちゃんの様子を観察しながら、ゲップがまだ自分でできなくて、苦しそうにしているのなら、ママが手伝ってあげましょう。

まとめ

新生児の赤ちゃんに、授乳後にゲップをさせてあげるのはママの大切な役割ですが、赤ちゃんが自分でゲップを出せるようになったらやめてもよいです。

3~5ヶ月くらいでやめる人が多いようですが、個人差があるので赤ちゃんのペースに合わせてあげましょう。